車やローンはどうなる?

車やローンはどうなる?

自己破産で車やローンはどうなるのでしょう?

自己破産の一連の手続きでは、破産手続が開始された段階で債務者が保有している財産が少ない場合は、直ちに破産手続を廃止して免責手続に入りますが、ある程度財産を保有してれば破産管財人が選任されて通常の破産手続が実施され、財産の多くが処分の対象となります。自己破産を経験した人の中には、車だけはどうしても手放したくないと考えていた人は多いですが、車も原則として処分の対象となっており、他の財産と同様に換価されて債権者に分配されます。
ただし、例外的に車が処分の対象から外れるケースもあります。それは、車の評価額が一定の金額以下である場合です。基準となる金額は裁判所ごとに定めていますが、20万円としている裁判所が多いことからこの金額が目安となるでしょう。車の評価額は、原則として中古車を取り扱う業者の査定によって決まりますが、法定耐用年数を過ぎた車については破産手続上では無価値として扱っても良いことになっています。車の法定耐用年数は、登録自動車が6年で軽自動車が4年となっているため、初度登録からこの年数が経過していれば、業者の査定結果に関係なく価値が無いとみなされ、自己破産が成立したあとも所有している自動車に乗り続けることができます。
ただし、この規定は所有者がユーザー本人の名義になっている場合に適用されます。自動車ローンの支払いが終わっておらず、車検証で所有者の名義がローン会社のものになっていた場合は、車はローン会社のもとへ引き上げられてしまいます。

 

 

借金で自己破産したらローンは?

 

カードローンやキャッシング、そしてクレジットカードのリボ払いなどで限度額まで借り入れるともうそれ以上の借金をすることはできなくなります。
その状況になると、一般的に返済もできなくなるようになります。
確かに、元本は返済できなくても利息分だけを返済していると差し押さえなどはありません。
しかし、そのままでは元本が減ることがなく永遠に返済を続けることになります。
このときに、病気や失業などがあるとたちまち滞納という事態に陥ります。
今は借金問題に悩む人を救う公的な制度があります。
それが、債務整理です。自己破産もその中の一つになります。
自己破産を、考える場合にはすでに資産となるものがないのが前提です。
仮に持ち家などがあるときには、売却して債務に充てることになります。
自己破産は、全ての債務を無効にする制度です。
そのために、それまでのカードローンやクレジットカードの滞納分など全て支払う義務はなくなります。
細かいところでは、携帯の料金の滞納も免除されます。
このように、全ての借金から解放されるのが自己破産です。
住宅ローンもこれに含まれます。資産とみなされるものはなくなりますが生活用品は残されます。
これが、自己破産のメリットになります。
ただ、自己破産後にはカードローンは当然ですがクレジットカードも持つことはできなくなります。

信用情報に、マイナスと記載されるために以後のローンは組むことは不可能です。
このローンが組めない期間は約7年前後とされています。

関連ページ

手続に掛かる費用
手続に掛かる費用借金返済で悩んでいる人の中には自己破産を考えている人もいるかもしれません。自己破産の必要性やその他の手段についていせつめいします
自己破産したら家族は?生活はどうなるの
手続に掛かる費用借金返済で悩んでいる人の中には自己破産を考えている人もいるかもしれません。自己破産の必要性やその他の手段についていせつめいします
自己破産の免責事項は?
手続に掛かる費用。借金返済で悩んでいる人の中には自己破産を考えている人もいるかもしれません。自己破産の必要性やその他の手段についていせつめいします
自己破産は保証人が借金をするの?
手続に掛かる費用。借金返済で悩んでいる人の中には自己破産を考えている人もいるかもしれません。自己破産の必要性やその他の手段についていせつめいします
クレジットカードは持てない?既にあるカードは没収されるの?
手続に掛かる費用。借金返済で悩んでいる人の中には自己破産を考えている人もいるかもしれません。自己破産の必要性やその他の手段についていせつめいします
結婚は諦めるべきか?
手続に掛かる費用。借金返済で悩んでいる人の中には自己破産を考えている人もいるかもしれません。自己破産の必要性やその他の手段についていせつめいします

ホーム RSS購読 サイトマップ