給料が差し押さえになる可能性?

給料が差し押さえになる可能性?

借金で給料が差し押さえになるの?

借金をいつまでも返済できないでいると給料が差し押さえになるという話を聞いたことがありませんか。返済をしたくても金銭的な余裕がない場合、本当に給料まで取られてしまうのでしょうか。借金と給料の差し押さえの関係をご説明したいと思います。
<強制執行について>期日を過ぎても返済ができない場合や督促をしても対応がない場合は金融業者が裁判所に訴訟を起こして強制執行の申し立てをすることが可能です。金融業者はその際に、債務者の給料や自宅、預金といった強制執行の対象になるものを裁判所に申し立てをする必要があります。借金返済で給料の差し押さえがされる場合は、手取り額の1/4が対象となっています。しかし債務者が返済が遅れたからといってすぐに給料が差し押さえになることはありません。そこまで至る間には裁判所からの督促状や強制執行の連絡などが来ますので、しっかりと対応をしておけば給料の差し押さえを防ぐことは可能です。なかにはどうやって対応をしていいかわからずそのままに放置してしまう方もいますので、そうなると強制執行されて給料の差し押さえになる場合もあります。このような事態を回避するには借金の返済は期日を守って行うことが基本です。万が一返済が困難になってしまった場合は早めに弁護士に相談して債務整理などで借金問題を解決しましょう。
<借金で給料の差し押さえをされない方法>借金の返済が数か月以上も滞納した場合は金融業者が訴訟を起こしてきます。それを無視していると給料や銀行預金などを強制執行によりもっていく措置をとる可能性があります。この最悪な状態を回避するためには、訴状内容に反論しないといけません。放置していると借金滞納の事実を認めたことになりますので、給与の差し押さえがされてしまうのです。そこでこのような場合には弁護士に相談をして答弁書を裁判所に提出しましょう。専門的な知識や情報が必要になる為、専門家に依頼をしたほうが安心して手続きをすることができます。万が一借金を滞納して裁判所から訴状が郵送された場合はすぐに弁護士に相談をしてください。オンラインの無料相談、電話無料相談などがありますので、初めての方も抵抗がなく気軽に相談ができるようになりました。ボランティアでサポートをしている機関もありますが、このような法的な手続きはアドバイスだけで自分で対応するのは難しいですよね。借金問題に強い弁護士事務所や法律事務所を早速探してみましょう。


ホーム RSS購読 サイトマップ