借金の時効

借金の時効

借金の時効

借金には時効があることをご存じでしたか?世の中には深刻な借金問題を抱えている方はたくさんいます。解決できずに家族が離散したり夜逃げするなど人生が破滅する原因でもあります。借金の時効を利用して問題を解決する方法を早速ご紹介しましょう。
<借金には時効がある>借金問題を解決するには、少しでも多くの知識と情報を持つことが必要です。一人で負債を抱えて悩んでいても決して解決にはなりません。借金に時効があることは意外と知らない方が多いのですが、しかしこれは時間が経てば勝手に借金がなくなるという簡単なものではありません。借金の時効が成立すれば、1円も返す義務はなくなりますので借金問題の解決方法として参考にしてみましょう。借金の時効を成立させるためには3つの条件があります。1.一定期間借金を返済していない 2.時効は振り出しに戻っていない 3.時効の援用手続きをするという3つの要件が必要です。一定期間返済をしないという場合の一定期間は5年間を指しています。返済期日から数えて5年、もしくは返済期日がなく最後の返済日から5年など、どの時点から5年経過するかが大切なポイントになります。しかし債権者が裁判所に訴訟を起こしたり、債務者が借金があることを承認した場合は時効の効力を失い、振り出しに戻る場合があります。この場合は時効が10年に延長されてしまいます。
<借金の時効の援用手続きについて>時効を成立させるための方法として援用手続きがあります。これは一定期間の5年が経過後に債権者に向けて時効の援用をすることを伝え、支払う意思がないという意思表示をする手続きです。個人でも手続きはできますが、大変複雑で場合によっては援用手続きをすることで、債券者からさらに利息を加算されたり、強制執行をされる可能性もあります。時効が成立したと勝手に思い込んで、逆に状況が悪化してしまうケースもたくさんあります。そこで時効を成立させる援用手続きをするためには、弁護士に相談することをオススメします。借金の時効は刑事事件のように一定期間が過ぎれば自動的に時効が成立するものではありません。援用手続きは内容証明郵便で債権者に送付をします。しかし知識がない個人で行うと、色々な失敗をするリスクがあるため弁護士に依頼をしたほうが確実な手続きができるのです。借金の時効が近い方はぜひ一度弁護士事務所で相談をしてみましょう。無料電話相談などを行う事務所もありますのでぜひ参考にしてくださいね。


ホーム RSS購読 サイトマップ