借金踏み倒しの方法とリスク

借金踏み倒しの方法とリスク

借金踏み倒しの方法とリスク

借りたお金が返せない、そんな場合の対処として借金踏み倒しをする方法があります。しかしこの方法は借金問題を解決するにはベストな方法ではなく、大変リスクが大きいためにできれば避けたいことですね。
<借金踏み倒しの方法について>どうしても借りたお金が返せない、生活が苦しい、そんな辛い状況の中で借金踏み倒しの方法を考えている方にまず知っておいて欲しい点は、借金踏み倒しは決して簡単な解決方法ではないということです。借りたお金は必ず返すことが基本ですが、闇金などの違法業者から高額な金利を請求されてしまうケースもあります。借金踏み倒し方法ですがもっとも多いのが借金の時効を待って返済をしない方法です。しかし実際には成功することが少なく、闇金のような違法業者の場合はしつこい督促があり債権者から逃げて生活するには無理があります。借金踏み倒しをするには5年間返済をしないことが条件になりますが、債権者が時効の中断手続きをとる場合もありますので、そうなると時効は5年から10年に引き伸ばされてしまいます。このような取り立てから逃げて生活をする以外には、法的な手続きを取って借金問題を解決する方法がたくさんあります。家族や自分の人生を無駄にしないためにも、正当な方法で問題に取り組むことが大切ですよ。
<借金踏み倒しのリスクについて>借金の踏み倒しにはリスクがあります。債権者は返済期日を過ぎていると督促を始めます。手紙やメール、電話などで要求してくる場合や、闇金のよに違法なしつこい取り立てをする業者もいることを覚えておきましょう。仕事場や自宅、または親戚や近隣の方にも迷惑がかかるため、決して自分だけに被害が被るものではありません。法的な差し押さえ手続きをされてしまえば、自宅や車、給料などがすべて債権者に取られてしまう場合もありますので、借金踏み倒し方法は現実的には無理なのです。そこで返済できない借金を抱えている方は債務整理で法的な手続きをとることをオススメします。債務整理には任意整理、個人再生、特定調停、自己破産の手続きがあります。それぞれの借金の内容や返済能力によって一番自分にあった方法で法的な手続きをとることができます。専門的な知識が必要になりますので、債務整理をお考えの方は弁護士に一度相談することをオススメします。借金の踏み倒しをしても得をすることは絶対にありません。まずは専門家に問いあわせてくださいね。


ホーム RSS購読 サイトマップ