金利の上限は?

金利の上限は?

借金の金利の上限は?

借金をするときは何としてでもお金調達したいため、ついつい忘れてしまうのが金利です。返済が始まった時に初めて借金の金利上限が気になったことってありませんか?これから借金をする方もまずは金利について理解しておきましょう。
<借金する時の注意点>最近は借金は手軽にできるようになりました。女性専用や学生専用のローンなど、色々なタイプがあるため誰でも気軽に借金をできる状況があります。お金が必要な時はどうしても調達する為に金利はいくらでもいい、なんて慌ててしまう方も多いのではないでしょうか。しかしここが借金の落とし穴なのです。どこで借金をするにせよ、はじめに確認しておきたいのは金利です。一般的に使用されている大手の消費者金融はTVのCMなどでもお馴染みの会社がたくさんあります。知名度も高くATMを利用して簡単に借金ができる点がメリットになっていますよね。しかし消費者金融の金利は銀行で借りるよりも高く、借金をする期間や金額によって利息が思った以上に高くなってしまうことがよくあります。お金を借りる方法は色々ありますが、金利を考慮したうえで返済できる範囲以内で借金をするようにしましょう。また高額な金利を請求されないように、法律で決められた金利の上限を理解することも大切ですね。
<借金の金利上限とは?>借金の金利上限は法律で決められています。しかし金融会社ごとに金利を設定できるため、借金をする場合は少しでも金利が低いほうが返済の負担が減ることになります。借金の金利上限は法定金利と呼ばれる制限があり、借入金が10万円未満の場合は金利上限は20%となっています。10万円から100万円までが18%で、100万円を超える場合は15%となっています。法定金利以上でお金を貸している場合には刑罰の対象になりますので、債務者も借金をする場合には十分に注意して金利の確認をしましょう。また借金の上限金利は利息制限法で決められていますが、出資法では上限な29.2%だったために、20%を超える金利をとる業者も多く問題になっていました。グレーゾーン金利と呼ばれるものも含め、過払い請求をして払い過ぎた金利の返還請求をすることができます。時効が過ぎる10年までが対象になっていますので、過去に借金を完済した方も金利をもう一度チェックしてみましょう。思ったよりも払い過ぎている金額が多いかもしれませんよ。その場合は弁護士に相談をして早めに過払い請求を始めましょう。


ホーム RSS購読 サイトマップ