借金督促状が来た時の対応方法

借金督促状が来た時の対応方法

借金督促状が来た時の対応方法

借金の返済日を過ぎると送られてくる借金督促状。しかし対応を間違えてしまうとさらに督促がエスカレートして自分の生活にも悪影響が出てしまいます。では借金督促状が来た場合、対応はどうしたらよいのでしょうか。
<借金督促状とは?>返済期日を過ぎてしまった借金。そのまま放置しておくわけにはいきません。金融業者からは何かしらのコンタクトがされてきますが、まず来るのが借金督促状です。始めての場合は文章も丁寧で送られてくることが多いのですが、いつまでも返済を滞っていると徐々に内容も強制的な内容へと変わっていきます。支払いをしないと強制執行をして自宅や車をもって行くなど、プレッシャーをかけてくる業者も決して少なくはありません。借金督促状の対応は自分のミスでうっかり忘れてしまう事もありますので、早めに金融業者に連絡をして返済予定を伝えることが大切です。しかしなかには悪質な業者もいるため、借金督促状だけでなく、電話、メール、自宅までやってくる場合もあります。貸金業では取り立て行為の規制を行っていますので、違反するような行為があった場合には罰則対象になります。仕事場へ取り立てに行くことや、深夜や早朝の自宅訪問などは違反行為です。借金督促状だけでなくこのような目立った取り立て行為が続く場合は法律事務所などで相談することをオススメします。
<支払督促申立書とは何?>消費者金融はどうしても返済してもらえない場合、債務者に対して法的な手続きをとり裁判所から「支払督促申立書」と呼ばれる借金督促状が送られてきます。この督促を無視して14日以上経過すると次は強制執行の連絡がやってきます。そうなると自分の財産を強制的にとられてしまう為に生活にも影響が出てしまいますよね。そこで借金督促状の対応はそのまま放置せず、早急な対応が求められます。一番安心な方法は弁護士に相談をして対応をしてもらうことです。債権者と債務者がトラブルにならないように平和に解決するためにも専門家の知識が必要不可欠です。借金の返済ができない場合は債務整理で法的な手続きをすることも可能なため、一日でも早いほうが金利の無駄を省くためにも大切です。借金督促状が来るとどうしていいかわからずに、何もできずにそのまま放置してしまうケースがたいへん多いのですが、借金問題は一人で抱えてしまうとストレスになるだけでなく、借金額も増えてしまう原因になります。早めに信頼できる弁護士を見つけて、正当な手続きをはじめてくださいね。


ホーム RSS購読 サイトマップ