過払い金の計算方法

過払い金の計算方法

過払い金の計算方法

過払い金の計算方法

 

 

金融会社やカード会社に払いすぎた利息を「過払い金」といいます。過払い金は請求して返してもらうことができますが、まずいくら過払い金額があるのか計算する必要があります。科払い金の計算方法について説明します。

 

 

過払い金とは何か?

 

 

・2010年に貸金業法が改正されました。それ以前は、利息制限法と出資法という二つの法律に基づいてお金の貸し借りが行われていました。

 

・利息制限法は、10万円未満の貸付に対しては20%までの上限金利、10万円以上100万円未満だと18%、100万円以上だと15%までの金利と定められています。ところが、出資法では一律29.2%までの金利が認められていました。

 

・ほとんどの金融会社は法律ギリギリの高い金利を要求するため、利息制限法と出資法との間を取って高金利を請求していました。この15%〜29.2%までのあいだを「グレーゾーン金利」と呼んでいました。

 

・法律が変わったことにより、金融会社は上限29.2%の高金利を請求できなくなりました。それどころか、今までグレーゾーン金利で支払っていた分があれば、取り戻すことまでできるようになったのです。

 

 

過払い金を計算してみよう

 

・一例として、29%のグレーゾーン金利で100万円借りたとしましょう。1年後の返済額は、金利を含めて129万円になります。

 

・しかし、法律改正後は利息制限法にしたがって利息を支払うので、100万円の借入なら15%の利息で済むことになります。したがって1年後の返済額は115万円になります。

 

・129万円を返済していたのであれば払いすぎになるので、129万円−115万円=14万円の過払いが発生しています。このような、過払い金を計算しなおす方法を「引き直し計算」といいます。

 

 

過払い金を請求しましょう

 

・過払い金を計算するためには、自分の正確な借入履歴を知る必要があります。明細をちゃんと取っておいた場合はそれに基づいて計算できますが、手元に明細がなく金額がわからない場合は、取引をした金融会社に問い合わせて明細を取り寄せる必要があります。

 

・最近は過払い金を自動で計算できるウェブサイトがありますので、まずは自分で計算してみましょう。そこで自分がいくら払いすぎていたのかわかるはずです。

 

・もしも複数のローン会社から借金をしていたり、何年にも渡って借入をしていて取引が複雑な場合は、過払い金請求に詳しい弁護士にインターネットで問い合わせてみるのもいいでしょう。ほとんどの弁護士が無料相談窓口を開設しているので、気軽に相談できます。

関連ページ

過払い金請求とは?
過払い金請求の疑いはありませんか?確認方法や手続き、相談におすすめの弁護士を紹介します
過払い金請求 デメリットは?
過払い金請求の疑いはありませんか?確認方法や手続き、相談におすすめの弁護士を紹介します
過払い金返還請求方法は?
過払い金請求の疑いはありませんか?確認方法や手続き、相談におすすめの弁護士を紹介します
過払い金 の時効は?
過払い金請求の疑いはありませんか?確認方法や手続き、相談におすすめの弁護士を紹介します
過払い金請求にかかる費用
過払い金請求の疑いはありませんか?確認方法や手続き、相談におすすめの弁護士を紹介します
過払い金請求の出来る期間
過払い金請求の疑いはありませんか?確認方法や手続き、相談におすすめの弁護士を紹介します
過払い金の相談方法は?
過払い金請求の疑いはありませんか?確認方法や手続き、相談におすすめの弁護士を紹介します
過払い金請求 自分でする方法とリスク
過払い金請求の疑いはありませんか?確認方法や手続き、相談におすすめの弁護士を紹介します
過払い金請求おすすめの弁護士
過払い金請求の疑いはありませんか?確認方法や手続き、相談におすすめの弁護士を紹介します

ホーム RSS購読 サイトマップ