過払い金返還請求方法は?

過払い金返還請求方法は?

過払い金返還請求方法は?

過払い金返還請求方法は?

 

 

消費者金融などに払いすぎた利息は「過払い金請求」で返してもらえます。しかし、過払い金は具体的にどのように返還してもらえばよいのでしょうか?請求方法をまとめてみました。

 

 

取引履歴を請求

 

 

・過払い金を請求するためには、まず自分の取引した金額を正確に知る必要があります。自分で金融会社の明細を全て保管して把握していればいいのですが、何年にも渡ってお金を借りていたり複数の会社から借りていると難しくなります。

 

・そこで、お金を借りたことのある金融会社やカード会社すべてに取引履歴を請求しましょう。この手続きは電話でもOKです。取引履歴データは郵送されてきますが、会社によっては2〜3ヶ月かかる場合もあります。

 

 

引き直し計算

 

・全部の業者からの取引履歴が揃ったところで、過払い金がいくらになるのか計算します。そもそも過払い金とは、払いすぎてしまった利息のことです。2009年までは出資法に基づいて29.2%もの超高金利を取ることが業者に許されていました。しかしその後の改定により、2010年以降は利息制限法で利息を請求するようになりました。

 

・利息制限法では、10万円以下の借入には最高20%までの利息、10万円以上100万円以下の借入には18%、100万円以上なら15%までの利息と定められています。以前の29.2%と、利息制限法による利息の間がグレーゾーン金利と呼ばれています。

 

・過払い金請求とは、このグレーゾーン金利の分を請求して返還してもらうことをいいます。過払い金を改めて計算しなおすことを、「引き直し計算」といいます。

 

・インターネット上では、様々な種類の「過払い金計算ソフト」があります。有料の本格的なものから弁護士事務所などが提供している無料の簡易版のものまで揃っているので、自分に合ったソフトを探してみるといいでしょう。

 

 

 

金融会社と交渉

 

・引き直し計算により過払い金額がわかったら、いよいよ金融会社と交渉です。引き直した計算書と過払い金返還請求書をローン会社に送りましょう。金融会社のほうでも引き直し計算をするので、その結果が送られてくるはずです。

 

・業者から「和解合意書」が送られてきて、金額に納得できれば合意書にサインと捺印をして郵送しましょう。その後、自分の口座に過払い金が返還されるという仕組みです。

 

・自分で手続きをしてアッサリと返還してくれるといいのですが、一度手に入れたお金を返したくないと考える金融業者もあります。素人が過払い金請求をすると、業者によっては言葉巧みに説得して、低額の金額で和解させようと企むこともあります。

 

・そのような目にあわないためにも、自分で業者と交渉する自信のないかたは、借金問題に詳しい弁護士に仲介してもらうのがよいでしょう。弁護士が相手だと、即座に過払い金を支払ってくれる業者がほとんどです。

関連ページ

過払い金請求とは?
過払い金請求の疑いはありませんか?確認方法や手続き、相談におすすめの弁護士を紹介します
過払い金の計算方法
過払い金請求の疑いはありませんか?確認方法や手続き、相談におすすめの弁護士を紹介します
過払い金請求 デメリットは?
過払い金請求の疑いはありませんか?確認方法や手続き、相談におすすめの弁護士を紹介します
過払い金 の時効は?
過払い金請求の疑いはありませんか?確認方法や手続き、相談におすすめの弁護士を紹介します
過払い金請求にかかる費用
過払い金請求の疑いはありませんか?確認方法や手続き、相談におすすめの弁護士を紹介します
過払い金請求の出来る期間
過払い金請求の疑いはありませんか?確認方法や手続き、相談におすすめの弁護士を紹介します
過払い金の相談方法は?
過払い金請求の疑いはありませんか?確認方法や手続き、相談におすすめの弁護士を紹介します
過払い金請求 自分でする方法とリスク
過払い金請求の疑いはありませんか?確認方法や手続き、相談におすすめの弁護士を紹介します
過払い金請求おすすめの弁護士
過払い金請求の疑いはありませんか?確認方法や手続き、相談におすすめの弁護士を紹介します

ホーム RSS購読 サイトマップ