過払い金 の時効は?

過払い金 の時効は?

過払い金 の時効は?

過払い金 の時効は?

 

 

最近CMなどでよく見かける「過払い金」請求。高金利を取られたけれど、もう完済してしまったし随分前のことだから・・・と、諦めてはいませんか?科払い金の時効についてお話します。

 

 

過払い金にも時効がある?

 

 

・人が他者に対して金品などを請求する権利を「債権」といい、民法では債権を持っていても使わない状態でいると消滅することが定められています。この権利を行使しない期間は10年間と決められており、「過払い金」にもこの10年の時効が適用されます。

 

 

時効はいつから数えるのか?

 

・過払い金請求の権利は10年で消滅しますが、では一体どの時点から数えて10年なのでしょうか?かつてはそれが論争となっていましたが、いくつかの判例から今では“最終の返済日から”10年が時効となっています。借入した日や初回の返済日から10年以上経過していても、最後に返済した日から10年経っていなければ過払い金請求は可能です。

 

・しかし、一度完済したけれども同じ金融会社とまた取引を再開した場合、つまり“取引の分断”があった場合はどうなるのでしょうか?

 

・例えば1991年から2003年までの12年間取引をして完済(取引1)。2年のブランクののち2005年から2016年の現在まで取引継続中(取引2)のかたがいるとします。継続中の(取引2)に関しては過払い金請求はもちろんできます。しかし、完済した(取引1)は難しいように思えます。

 

・ですが、(取引1)と(取引2)が別の取引ではなく同一であると認められた場合は、(取引1)も過払い金請求ができることもあります。その判定は二つの取引の内容や経緯や条件、取引の間隔の長さなどによってケースバイケースで判断していきます。

 

 

過払い金の時効を止めることができる?

 

・「自分の過払い金に時効が迫っているかもしれない!?」と焦っているかたがいるかもしれません。ですが落ち着いてください。実は、時効を止める方法があるのです。

 

・一番いいのは裁判所に申し立てをして、訴訟をすることです。しかし、消滅時効期間が迫っている場合などは、裁判上で請求すると時間がかかってしまうので不利になります。

 

・そこで、もっと簡単な「催告」をお薦めします。催告とは、内容証明郵便などの正式な書面で請求しておけば、時効が進むことをストップさせられる制度です。ストップしてから6ヶ月以内に裁判所に訴訟を提起すれば、時効になって過払い金が消滅するのを防ぐことができます。

 

・もしも自分で内容証明郵便を送ることに自信がなかったり、分断により取引が複雑でよくわからないなどの場合は、弁護士に依頼して過払い金請求をしてもらうことをお薦めします。

関連ページ

過払い金請求とは?
過払い金請求の疑いはありませんか?確認方法や手続き、相談におすすめの弁護士を紹介します
過払い金の計算方法
過払い金請求の疑いはありませんか?確認方法や手続き、相談におすすめの弁護士を紹介します
過払い金請求 デメリットは?
過払い金請求の疑いはありませんか?確認方法や手続き、相談におすすめの弁護士を紹介します
過払い金返還請求方法は?
過払い金請求の疑いはありませんか?確認方法や手続き、相談におすすめの弁護士を紹介します
過払い金請求にかかる費用
過払い金請求の疑いはありませんか?確認方法や手続き、相談におすすめの弁護士を紹介します
過払い金請求の出来る期間
過払い金請求の疑いはありませんか?確認方法や手続き、相談におすすめの弁護士を紹介します
過払い金の相談方法は?
過払い金請求の疑いはありませんか?確認方法や手続き、相談におすすめの弁護士を紹介します
過払い金請求 自分でする方法とリスク
過払い金請求の疑いはありませんか?確認方法や手続き、相談におすすめの弁護士を紹介します
過払い金請求おすすめの弁護士
過払い金請求の疑いはありませんか?確認方法や手続き、相談におすすめの弁護士を紹介します

ホーム RSS購読 サイトマップ