過払い金請求の出来る期間

過払い金請求の出来る期間

過払い金請求の出来る期間

過払い金請求の出来る期間

 

 

「過払い金が請求できると聞いたけれど、完済してから年数が経っているので無理」―そう考えているかた、諦めるのはまだ早いです。過払い金請求の出来る期間について説明いたします。

 

 

過払い金には消滅時効期間がある

 

・過払い金を請求する権利には時効があり、その期間は10年です。

 

・10年を過ぎると過払い金の返還請求権は無効になり、消滅してしまいます。もしも、過払い金が発生しているかもしれないと思った人は、すぐに調べてみるといいでしょう。

 

 

時効の開始はいつから?

 

・過払い金の時効期間が開始する時期については法律関係者の間で議論されてきましたが、判例などにより最高裁判所により最後の支払いから10年と定められました。ですので完済してしまった借金でも、最終の返済日から10年以内であれば、過払い金請求をすることができます。

 

・しかし、一度完済した会社からまた借金をした場合などは話が違ってきます。例えば1995年から2003年まで借入をして完済、その後2年間のブランクを得て2005年から現在まで支払いを続けているケースがあるとします。このようなケースを「取引の分断」といいます。

 

・このケースだと、現在も続いている取引2に関しては問題なく過払い金請求ができます。しかし、完済している取引1に関しては難しそうに思えます。

 

・この場合は取引1と取引2が同一の契約であると考えるか、その内容や経緯などから考慮されます。また、取引の間隔の長さなども検討され、ケースバイケースで時効になっているか決められます。つまり、両方の取引内容や条件が同じだったり、両取引の間隔が短い場合は同一の取引と見なされ、取引1も過払い金請求ができることもあるのです。

 

 

消滅時効期間をストップ!

 

・もし時効が迫っている過払い金返還請求権を持っていても、焦る必要はありません。なぜなら消滅時効期間を一時的にストップできる方法があるからです。時効期間満了を回避するためには、裁判所に訴訟を申し立てるのが一番いい方法です。

 

・しかし、裁判所への請求は時間がかかります。裁判の性質上、手続きに時間がかかりますし、業者も引き伸ばそうとしてきます。

 

・そんな時は、手軽な「催告」の実行をおススメします。催告とは、内容証明郵便などを送って請求しておくことで、時効期間をストップさせる制度です。ストップさせた後、6ヶ月以内に訴訟を起こせば時効が満了して過払い金が消滅するのを防ぐことができます。

 

・過払い金の時効が迫っているのに内容証明郵便の作成方法がわからないなどの場合は、弁護士に相談して過払い金請求に力を貸してもらうことをおススメします。

関連ページ

過払い金請求とは?
過払い金請求の疑いはありませんか?確認方法や手続き、相談におすすめの弁護士を紹介します
過払い金の計算方法
過払い金請求の疑いはありませんか?確認方法や手続き、相談におすすめの弁護士を紹介します
過払い金請求 デメリットは?
過払い金請求の疑いはありませんか?確認方法や手続き、相談におすすめの弁護士を紹介します
過払い金返還請求方法は?
過払い金請求の疑いはありませんか?確認方法や手続き、相談におすすめの弁護士を紹介します
過払い金 の時効は?
過払い金請求の疑いはありませんか?確認方法や手続き、相談におすすめの弁護士を紹介します
過払い金請求にかかる費用
過払い金請求の疑いはありませんか?確認方法や手続き、相談におすすめの弁護士を紹介します
過払い金の相談方法は?
過払い金請求の疑いはありませんか?確認方法や手続き、相談におすすめの弁護士を紹介します
過払い金請求 自分でする方法とリスク
過払い金請求の疑いはありませんか?確認方法や手続き、相談におすすめの弁護士を紹介します
過払い金請求おすすめの弁護士
過払い金請求の疑いはありませんか?確認方法や手続き、相談におすすめの弁護士を紹介します

ホーム RSS購読 サイトマップ