家族に秘密でする方法

家族に秘密でする方法

家族に秘密でする方法

消費者金融などから借り入れをしたために、借金を返済できなくなることが考えられます。毎月の返済を継続することが難しく、家族に知られることなく借金問題の相談をしたいときには、弁護士に債務整理の相談を行う方法があります。債務整理は法的な手段で、借金を整理することが可能です。債務整理を弁護士に依頼することで、弁護士から消費者金融などの貸金業者に対して受任通知を発送してもらえます。受任通知の効力によって、貸金業者は債務者に取立や督促を行えなくなります。債務整理の手続きには自己破産がありますが、自己破産を行うと持っている大半の財産を手放さなければなりません。債務者名義の住居や自動車があるときには、自己破産をすることで処分が必要になることから、家族に借金のことが知られることになります。家族に内緒で借金問題を相談するには、弁護士に任意整理の手続きを依頼する方法があります。任意整理であれば、借り入れを行っている貸金業者に1社単位で手続きを進めることができるために、住宅ローンや自動車ローンなどの債務を維持しながら、貸金業者からの借金だけを整理することが可能です。任意整理の方法で、弁護士が貸金業者と交渉を行うことで、抱えている債務を返済可能な金額に減額してもらうことができます。返済可能な額に債務を圧縮してもらうことで、残された借金について3年程度の期間をかけて返済していくことで解決を目指せます。任意整理であれば財産を失うことがありませんので、家族に知られずに債務整理を進めることができます。


ホーム RSS購読 サイトマップ