彼氏に借金があったら結婚すべきか分かれるべきか?

彼氏に借金があったら結婚すべきか分かれるべきか?

彼氏に借金があったら結婚すべきか分かれるべきか?

返し切れないほどの借金を抱えてしまった場合、それから逃れる方法としてまず頭に上がってくるのは「夜逃げ」などの踏み倒しです。
もしそれが可能なのであれば今後お金を返す必要は無くなるわけですし、一円も払わずに生活が立て直せるなら正に万々歳といったところでしょう。
実際これが不可能なのかと言われると決して不可能ではありません。
借金と言えどもそれは契約によって生じた権利と義務の関係であり、権利は行使されなければいずれ時効を迎えて消滅します。
事業者との金銭貸借契約は5年で消失すると規定されていますから5年逃げ切れば踏み倒しはできるのです。
ただこれは理屈の上の話であり、しかも貸金業者が何も対策をしなかったという仮定の話に過ぎません。
現実的には踏み倒しをしようとしている顧客が見つかった場合には裁判所への申し立てなどを通じて時効を中断しようと動きますし、そもそも連絡が取れないように5年間逃げ回るというのは極めて困難です。
踏み倒しをするために夜逃げをするなどのことになれば住んでいる土地を離れて別の土地へ移り、住民票も移さずに生活することになります。
しかし住民票を移さないということはまともな職業に就けず健康保険にも入れず、また家族がいる場合はその家族の生活を崩壊させてしまうことに繋がるでしょう。
そうしたことを考えると借金を踏み倒そうとするのはあまりにも割に合わない方法なわけなのです。
ではどうすれば良いのか、その解決策となるのが弁護士への相談です。
借金問題を抱えてしまった人は考え方がマイナス方向へ傾いてしまいがちですが、実際には本当に借金が返せなくなっているのであれば国の制度を利用すれば立ち直ることが出来ます。
額が少ないのであれば任意整理や特定調停、額が大きい場合には個人再生や自己破産など弁護士に相談すれば債務整理のアドバイスをもらえますし、最近ではインターネットを使えばいくらでも弁護士事務所は見つけられるようになっています。
逃げ回って人生を破たんさせるくらいであれば弁護士に相談して対応を考えてもらうようにしましょう。


ホーム RSS購読 サイトマップ