生活保護申請は借金があっても可能か?

生活保護申請は借金があっても可能か?

生活保護申請は借金があっても可能か?

借りたものを返すというのは人として当然のことですので、きちんと返さなくてはなりません。
借金をしているのであれば、必ず返済をしなければならないでしょう。
しかし頑張って返済をしているというのに、いつまでたっても借金が減ることもなく、生活も困窮してきているのであれば、現実から逃げたいと思ってしまうものです。
借金の取り立てにおびえる日々から逃れるためには、夜逃げによって姿をくらます方法を思いつくことでしょう。
誰にも知られることなく夜逃げをすれば、居場所を突き止められることもありません。
しかし夜逃げをすることによって、借金の取り立てから逃げることが出来たとしても、たくさんのものを失うことになります。
夜逃げをするときに誰かに居場所を伝えていれば、そこから居場所を突き止められてしまう危険性がありますので、だれにも告げずに出発をすることになります。
もちろん逃げるときだけではなく、潜伏先に到着してからも知人や友人、家族とも連絡を取ることが出来ませんので、孤独に過ごさなくてはなりません。
そして住民票を移すのも危険ですのでできないでしょう。
住民票が移せないことによって、さまざまな点で不便が生じます。
子どもが生まれても出生届を出すことが出来ませんので、戸籍がない子供になってしまい、子どもの将来にも影響を与えてしまうことになります。
夜逃げをすることは、リスクがとても大きいですので、夜逃げをする覚悟があるのであれば、弁護士に相談をするようにしたほうがいいでしょう。
弁護士を探すのであれば、インターネットでも探すことが出来ます。
インターネットで弁護士を見つけて、最善の方法を教えてもらうことです。
夜逃げをすることによって、家族とも連絡が出来なくなれば、孤独な毎日を過ごさなくてはなりません。
夜逃げでは失うものが多すぎますので、弁護士に相談をするようにして、借金と真正面から向き合っていくようにしなくてはなりません。


ホーム RSS購読 サイトマップ