夫の借金が発覚した時の相談方法

夫の借金が発覚した時の相談方法

夫の借金が発覚した時の相談方法

借金が減らなくて困っているなら、速やかに弁護士に相談をしてください。
弁護士の力を借りずに解決しようと考える方は多いですが、最終的に依頼する方は少なくありません。
それならば1日でも早いうちに相談したほうが、借金が少ない段階で整理できるので自分のためにもなります。
ほとんどの借金は実質年率という金利を導入しており、1日計算で金利が発生していくのです。
実質年率18%なら、月に1.5%の利息がつくと考えるとわかりやすいでしょう。
弁護士に相談しようか迷っている状態は、利息の支払いすら厳しい状態でしょう。
借金は利息だけ支払って、返済している気持ちになってはいけないのです。
利息を100万円支払おうと、元金を相殺できなければ永久に完済はできません。
弁護士に依頼する必要があるかどうかは、シミュレーションをすればすぐにわかります。
1年前と比べて借金が減っていなければ、完済をするのは極めて難しいでしょう。
キャッシングを例にすると、3年で完済できない方は今後も完済は非常に厳しいのが現実です。
そもそも今まで利息しか支払いができなかったのに、これから元金をどんどん減らしていくことは難しいでしょう。

 

弁護士に相談をすれば、自分の返済能力に見合ったレベルまで借金を減らしてくれるのです。
債務整理をしたけど返済不能になったという場合、選択した債務整理の方法が間違っていたのでしょう。
一度の債務整理で決めるためにも、実績の豊富な弁護士を探して依頼してください。
債務整理において大切なのは、無理をした返済計画は立てないことです。
初めてお金を借りたころを連想するとわかりやすいですが、当初は問題なく返済できると考えていたでしょう。
しかし、実際に返済をするようになったら、思ったほど元金を減らせなくて債務超過に陥ってしまうのです。
個人再生で整理するのが無難な状況においては、無理に任意整理を選ばないことです。
借金返済は完済するまでの計画を立て、実行できるかどうかがポイントとなります。


ホーム RSS購読 サイトマップ