親の借金を返済する義務

親の借金を返済する義務

親の借金を返済する義務

「借金がある」という事実は時として人間関係に影響を与えることがあり、特に重要なのが結婚を検討している場合です。
結婚をすればこれからさまざまなところでお金が必要になりますし、特に子供が生まれた場合には育児や教育などに何かとお金が必要になります。
そのため「借金があるから結婚するべきか迷う」と考えている女性も多いのですが、これについて言ってしまうと「悩むのならば止めた方が良い」となります。
「愛はお金よりも大切だ」ということはよく言われていますが、実際にはお金の問題は愛でどうこうできないことも多いです。
例えば数千万円の借金があるという状況を解決できるのは借金を完済できる現金かその現金を調達できる手段であり、愛がその現金になるわけでも現金を得られる手段になるわけではありません。
加えて、お金の問題があるからということで結婚をためらっているのであれば、厳しい言い方ではありますがその程度の関係でしかなかったということです。
そうした悩みを抱えて結婚をしても借金の問題が大きくなった時に「結婚しなければ良かった」と思うだけでしょうから、やはり結婚はするべきではないのです。
ただしかし、こうしたことを言われて「それでもこの男性を愛しているのだから結婚をしたい」と強く思えるのであれば、それはその人が決断をするべき問題でしょう。
経済的・社会的な観点から言えば借金がある男性と結婚するということは少なからず苦労を抱えることになりますし、苦労を抱えると分かっていることをおすすめするのは正しいことではありません。
しかし愛する男性と一生を添い遂げたいという気持ちは時として、経済的・社会的に不合理な選択を取ることもあります。
そうした選択を取ることが出来るというのは何よりも貴いことであり、その人が捨ててはならないものです。
もし本当に「今後お金のことで苦労をするとしても、この男性の手を放したくない」と強く思えるのであれば借金の問題は二の次ですから、自分でしっかり考えて結論を出すようにすると良いでしょう。


ホーム RSS購読 サイトマップ