収入無い専業主婦の借金返済

収入無い専業主婦の借金返済

収入無い専業主婦の借金返済

借金問題を抱えてしまった場合にはそれを解決するためにも借金の減額を狙っていくことになるのですが、これを実現するために重要なのが弁護士への相談です。
ではどうして弁護士への相談が必要なのか、その最大の理由は「借金は民法などの法律に基づいて作られる契約だから」ということです。
もし既にサインした契約書の内容を後から変えようとすれば損失を被る側が反論するのは目に見えていますし、法律上有効な契約が結ばれたのであればそれを何の知識も無い人が変更するのは困難です。
それを可能にするには法律のことを良く知っていて、言ってしまえば抜け道を見つけて交渉が出来る人材が必要となります。
その人材こそが日本における法律のプロフェッショナルである弁護士なのですから、弁護士に相談して交渉にあたってもらうことの意味は大きいのです。
次に理由となるのが「債務整理を視野に入れるのであれば弁護士の手が必要になる可能性が高いから」ということです。
例えば任意整理をするにしても個人が貸金業者に交渉を申し出たところで応じてくれる業者はほとんどいないでしょうし、個人再生や自己破産といった法律上の手続きによって債務を減額するのならば弁護士がいた方が手続きが楽に進みます。
特に自己破産の場合は弁護士が申し立てを行うことで利用できる特別な制度がありますから、もし今後そうした手段を取るかもしれないということであれば早い段階から弁護士に相談をした方が良いわけです。
ちなみに弁護士と並んで借金問題の解決で活躍をしているのが司法書士ですが、司法書士に依頼するというのは総合的に見るとあまりおすすめできません。
というのも司法書士はあくまでも司法に関連する書類を作るプロであるため、裁判の場で依頼人の代理人となったり弁護士のように主張をする権利が無いからです。
加えて法律案件においても依頼人の利益が140万円を超える場合は取り扱えないといった制限がありますから、悩むようであれば弁護士に依頼をするべきとして考えるようにしましょう。


ホーム RSS購読 サイトマップ