借金で死にたい助かる方法

借金で死にたい助かる方法

借金で死にたい助かる方法

夫婦間で相手に借金があるのではないかという疑念が生まれた場合、その疑念を払拭しない限り不安が続いて仕方ないということは珍しく無いことです。
ですがそうした際に、相手に黙ったまま借金の有無を調べるというのはかなり難しいといって良いでしょう。
一応借金の有無を調べる方法として「信用情報センターへの情報開示請求を出す」という方法はあります。
信用情報センターではクレジットカードや貸金業者での借金から銀行からの住宅ローンに至るまで事業者からの借金のほぼ全てのデータが管理されていますから、そこに情報開示請求を出せば個人がいまどこから借り入れをしているのか、その額はどれくらいで返済はどのようになっているのかといったことが確認出来ます。
ただ信用情報センターからの情報開示は本人が請求するか本人の同意があるかのどちらかの条件をみたしていなくてはなりませんから、黙ったまま秘密裏に確認するというのは困難なのです。
ですから秘密裏に確認するのではなく、直接情報開示の手続きに協力してくれるよう頼むことが必要になります。
もし後ろめたいことが無いのであれば渋々でも情報開示に合意してくれることでしょうし、もし情報開示を極端に拒むというようであればかなり怪しいと言えるでしょう。
またもし協力が得られないが確認をしたいということであれば探偵などに依頼する方法もなくは無いのですが、探偵といえども他人の借金の情報を勝手に盗み見るのは犯罪です。
そのため素行調査からの推測という形になる可能性が高く、やはり協力がなくては調査をするというのは難しいと言えます。
ただやはり、最初に述べたように夫婦間で相手に借金があるのではないかという疑念が生まれた場合には早期に解決しなくては離婚などの結末を迎えることもあり得ます。
そうしたことを踏まえると、疑わしいと思ったのであれば相手にそのことを伝えて情報開示請求に協力してもらえるようにするのがベストでしょう。


ホーム RSS購読 サイトマップ